インタビュー

商品パッケージをスタッフで考案
売店パートさん
南国サービスエリア上り線 売店パートスタッフ
売店 販売スタッフ
仕事の失敗、成功談
売店スタッフ一同で「小夏日和」という商品のパッケージデザインを考えました。
本部の大反対を受けましたが、スタッフで試行錯誤を重ねたものだったため交渉後、最終的に了解をもらえ、その結果、販売数アップにつながる当店オリジナルヒット商品となりました。
会社の自慢や魅力
とても働きやすい職場です。
勤続年数が長いスタッフが多いのも、それが理由だと思います(笑)
よりよいサービスエリアを作りたいという目標をもって、スタッフ同志、協力し高めあい、また助け合いながら日々頑張っています。
そんなスタッフを時には先頭に立ち、時には一緒になり、またあるときには後ろから押してくれているのが社員さんです。南国SAはそんなスタッフで運営されている所なので、スタッフにも、もちろんお客様にも、笑顔を提供できている事が私たちの自慢です。
関わった仕事で一番印象的なこと
手芸が趣味で、高知にちなんで「ゆずちゃん」と「しょうがくん」というキャラクターを自分で考え、フェルトでマスコットを作ってきました。
店内の飾りとしてディスプレイしていましたが当時の支配人が気に入り、今では「ゆずちゃんしょうがくんプリントクッキー」という箱菓子として商品化され、南国SA上り線のオリジナルキャラクターとなっています。